身近で起こったトラブル事例

弁護士保険に加入するベストなタイミングって?

はじめに
最近弁護士保険に加入する方が増えていますが、弁護士保険に加入するベストなタイミングってあるのでしょうか?

ここでは弁護士保険に加入するベストなタイミングについてご紹介します。
弁護士保険に加入するタイミングが分からない・・という方はぜひ最後まで読んでいただきたいです。

弁護士保険に加入する最適な時期とは
・偶発事故と一般事件
弁護士保険の補償開始日は法的トラブルの種類によって違っており、大きく分けると2つあります。
それは偶発事故と一般事件。

まず、偶発事故とは予測できない突発的な事故や事件のことで、たとえば、スポーツや火災、交通事故など偶発的に起きた事故による物損の破損や怪我・・などです。
いっぽうで、一般事故とは遺産相続や離婚、リストラやいじめ、ご近所トラブル・・などがそれです。

なお、偶発事故の場合、契約開始日を過ぎるとただちに補償が適用されますが、その理由は事故や事件が意図的に起きたわけではないから・・だとされています。
ですが、一般事件の方は契約したからと言って保証がただちに適用されません。

・一般事件と待機期間
また、弁護士保険には待機期間とういものがあり、その間補償されるまでの待機期間となるため、特定の事例以外は補償されないという決まりがあります。

この特定の事例というのが偶発事故のことで、一般事件の場合待機期間の間なんらかの法的トラブルが起きても補償対象外となります。
また、待機期間が終了した後に法的トラブルに対応した場合でも待機期間中に起きたものであれば補償の対象にはなりません。
この待機期間は一般的に3か月のことが多く、保険会社や事例によって多少差があります。

つまり、弁護士保険は会社によって待機期間などのサービス内容が違うため、サービス内容を比べて選びましょう。

なるべく早く加入を
結論を言うと、弁護士保険に加入するベストタイミングは待機期間を考慮して加入することがおすすめです。
間違いないのは何らかのトラブルに巻き込まれそうになったら、なるべく早く加入することではないでしょうか?
いざトラブルに巻き込まれてから入っても手遅れ・・ということになるのだけは絶対に避けたいですよね?

まとめ
弁護士保険に加入するベストタイミングについてご説明しました。
弁護士保険は保険会社によってサービスも違うため、保険料や内容などを比較検討した上でご自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
弁護士保険に加入する際のご参考になればと思います。

PAGE TOP