身近で起こったトラブル事例

契約者の家族(子供等)でも使用出来るの

契約者の家族(子供等)でも使用出来るの?

補償対象者は保険会社によって違います

1)被害者、加害者になった場合、被保険者の未成年子供も補償を利用できる。

2)被害者、加害者になった場合、監督義務を有する18歳未満の子供も補償を利用できる。

3)契約者本人が被害者、加害者になった場合、補償を利用できる。

と保険会社によって補償対象者は変わります。

 

・独身の場合

独身の場合なら契約者本人のみの補償で充分です。結婚し家族が増える場合、トラブルも増えることを想定すると契約者本人以外にも家族が補償を利用できる保険プランを選びたいですね。

 

・既婚者の場合

結婚し家族が増えることで子供の成長と共に、喜びが増えますが同時に様々なトラブルも増えます。いじめ問題や自転車事故、故意ではなく偶発的なトラブルの加害者にも被害者にもなり得る、身近なトラブルが起きたときに個人で解決するのには多大な時間とお金だけではなく、法律の知識を必要とします。そんな時、法律のプロである弁護士があなたに代わって問題を解決してくれるのが弁護士保険です。

弁護士保険を利用する際、契約者の家族でも使用できるのかは保険会社によって違います。自分の必要な補償とサービスのある保険会社を選びましょう。

PAGE TOP