身近で起こったトラブル事例

弁護士保険の正しい選び方とは

はじめに
弁護士保険に加入する方が増えていますが、どうやって選べばいいのか分からない・・という方がまだまだ多いようです。

ここでは弁護士保険の選び方について具体的にご紹介します。
弁護士保険を選ぶ際のお役に立てていただけると幸いです!

弁護士保険とは
そもそも弁護士保険とはなんらかの法的トラブルが発生した時に弁護士費用を補償してくれる保険のことで、たとえば、交通事故や離婚問題、相続問題、えん罪、借金問題・・など、日常的に起こりうるトラブル弁護士に相談したり依頼する際に費用を補償してもらえる心強い保険です。

弁護士保険の選び方
この弁護士保険に加入していれば、気軽に弁護士に相談できるメリットがあります。
弁護士保険を選ぶ際には次のようなポイントを押さえて選ぶようにしましょう。

・対応できるトラブルの範囲はどこまでか
保険会社では弁護士保険でトラブルの種類を次の2つに分けているため、弁護士保険を選ぶ際はどちらに備えるかにポイントを置いて選ぶようにしましょう。

一般事件とは日常生活のトラブル全般のことを言います。
たとえば、離婚やご近所トラブル、相続や労働トラブル・・などが上げられます。

いっぽうで偶発事故とは突発的な事故のことで、たとえば、交通事故などが上げられます。
なお、一般事件の方が弁護士保険へ相談するケースが多いことが考えられるため、保険会社は一般事件の方がリスクが高いと考えています。
ですので、一般事件の方が偶発事故より保険料が高くなっています。

また、保険会社によっては全ての一般事件に対して補償を付けるのではなく、痴漢えん罪や痴漢被害だけに限定したものもあるようですね。

・無料サービスの付帯有無
弁護士保険は弁護士費用を補償する以外に、さまざまな無料サービスを付帯しているものがあります。
たとえば、弁護士へ初期相談できたり、保険の対象となる場合弁護士を紹介してもらえたり、痴漢えん罪や被害を受けたときにすぐ電話できたり、場合によってはすぐ来てもらえたり・・などです。

こういった付帯サービスの有無についてもしっかりと調べていただき、ご自分にどのサービスが必要なのか見極めた上で弁護士保険を選ぶようにしましょう。

まとめ
弁護士保険と一言で言っても、さまざまなものがありどれを選べばいいのか迷うところです。
上でご紹介したポイントをしっかりと押さえていただき、ご自分のニーズに最も合った弁護士保険を選ぶようにしてください。

PAGE TOP