最近の記事

保険料によって補償内容って違うの

保険料によっての補償内容って違うの?

弁護士保険と聞くと新しい保険?というイメージですが、近隣トラブルや冤罪トラブル、ネット上のトラブルが頻繁に起きる現代には必要な保険の一つになってきています。

そのため様々な会社から弁護士保険のサービスが発売され、補償内容の違いも会社によって違います。ですので、保険料も違い保険料によって補償内容が違います。

・保険料

各保険会社で大きく異なります。保険料が安いから良くないというわけではなく、補償範囲が狭くなったり、補償金額が低い場合があります。最低限の補償を求めている場合このタイプの保険がおすすめです。逆に補償される範囲が広く、補償額が多いプランは保険料が高くなる傾向にあります。自分が弁護士に何を求めているか明確にすることで、自分に合った保険を探せます。

・補償範囲

補償範囲には1)一般事件2)偶発事故と二種類あります。

1)一般事件は離婚トラブル、職場トラブル、金銭トラブルなど不慮の事故を原因としない法的トラブルです。
2)偶発事故とは不慮の事故で交通事故やケンカに巻き込まれるなどトラブルが当てはまります。

保険会社によって1)一般事件2)偶発事故の被害者、加害者の一方またはどちらも補償するといった補償範囲の違いがあります。

PAGE TOP