最近の記事

どの企業の保険に入っても保険料は同じ?

どの企業の保険にはいっても保険料は同じ?

・弁護士への相談 相場は1時間1万円!

弁護士に相談する場合、相場は1時間1万円が妥当だと言われています。相談する前に相談内容を細かくまとめ、1時間以内に収めることは簡単に出来る事ではないでしょう。事件、事故の最中に冷静に判断し弁護士に助言を求めることは誰でも難しいことです。しかし弁護士保険を利用することで、起きてしまったトラブルに対して弁護士が速やかに対応してくれます。

 

・泣き寝入りするしかない

弁護士に問題の解決を依頼するときには通常「着手金」が必要になります。着手金は、弁護士に依頼した事項が思い通りの結果にならなくても、戻ってこない費用です。

特に、成功するかわからない案件の場合、着手金リスクがあるために泣き寝入りしたり、対策が遅れて深刻化したりする場合があります。

 

・現代の身近に起こるトラブル

今直ぐ弁護士に相談する必要があるトラブルに巻き込まれている人は少なくはありません。しかし自分に必要がないから安心して生活を送れるかといえば、違ってきます。

自分自身は問題なくても結婚している場合、子供が学校や習い事など外出中にトラブルに巻き込まれる可能性は決して低くありません。

トラブルは未然に防げる場合と偶発的に起きてしまう場合があることは自分自身強く感じているのではないでしょうか。

・弁護士保険ってどこも同じ?

どこの弁護士保険に契約しても同じ補償内容ではありません。

保険料の違いで補償内容が違うことを認識し、各社のサービス内容や補償内容をしっかり理解する必要があります。

 

補償対象の立場も

1)契約者と被保険者の未成年子供も補償(被害、加害どちらも)

2)契約者と監督義務を有する18歳未満の子(被害、加害どちらも)

3)契約者のみ(被害、加害どちらも)

保険料も他社に比べ割安で独身の方向けの保険もあります。

保険会社によって違うので金額だけで判断せずに契約する前にしっかり補償内容や月額保険料を確認しましょう。

 

・会社員の場合

これからの時代、今いる会社に頼って生きていくことは大きなリスクです。技術革新によって環境変化のスピードが加速し、かつては「この会社に入れば一生安泰」と言われていた大企業でも経営危機に陥ってリストラを迫られる時代です。

長幼の序が重視される社会において、組織の合併や人事異動で年上の部下に抵抗感を抱かれる。年功序列システムが長らく続いた影響で人件費が高くつく50代、60代社員に対しての会社側からの不当な人事異動など働く上でのリスクは高まり個人で組織を相手にトラブルを解決するのは不可能な時代になってきています。

 

・個人事業主の場合

会社を成長させていくために必要な人材を確保することは正しい判断です。しかし社員が増えれば社内社外関係なくトラブルは生じます。起きてしまったトラブルに対して個人で立ち向かうのではなく法律のプロである弁護士と共に歩む選択は大きなメリットといえるでしょう。

取引先の変化や業種拡大の動きで新たな人事トラブルが発生するリスクは生じてきます。

弁護士保険を契約し、弁護士に相談できる安心感は個人事業主の精神的な強みにもなります。

 

・何かあったら弁護士に相談できる安心感

人生百年時代が到来すると言われている未来に、定年後の20年30年を生きるために誰もがセカンドキャリアを考えざる得なくなりました。企業、個人に関係なく様々なトラブルを避けて生きることは不可能です。そんな時代の中で大事なのは「何かあったら弁護士に相談できる」という選択肢を持ち弁護士保険を選ぶことで精神的な余裕を持てることです。

PAGE TOP