弁護士保険業界の知識

トラブル事例

相続トラブルの対処法

はじめに

相続トラブルが起きた時、手続きがスムーズに進まず面倒なことになってしまうことが多いです。

相続トラブルは資産の多い家に起こるものだと思われており、自分とは無関係だと思っている人が多いですが、実際には数千万円程度の遺産でもめるケースがほとんどです。

ここでは、そんな相続トラブルの対処法についてまとめてみます。

相続トラブルで多いケースとは

・特定の相続人が一人占めしようとする

・相続人の数が多い

・分割の割合でもめる

・不動産や土地が原因でもめる

・内縁関係の人でトラブルになる

・遺言書の内容で偏りがある

・寄与分についてのトラブル

などがあります。

相続トラブルの対処法

財産を残す側としては法的に有効な遺言書を作成しておくことが大事でしょう。

意外と忘れがちなことですが、まずは亡くなった親の介護で最も苦労した主に介護した人に感謝の気持ちを持つことです。

ですが、ほとんどのご家庭で介護する人はお嫁さんであり、実の子ではないため相続する権利がない場合が多いです。

それをしっかりと理解した上で、ありがとうという気持ちを伝えることが重要です。

感謝の気持ちが伝われば、苦労を理解してくれているという気持ちから兄弟同士お互いに財産を分けようという気持ちになるものです。

自分の苦労を相手が理解してくれていると分かれば、自然に気持ちが優しくなり、遺産を独り占めしようなどとは思わないでしょう。

相続トラブルは弁護士に依頼を

そもそも、相続トラブルに対処するには法律の専門家である弁護士に相談したり、手続きをお願いすることが大切です。

もし、相続人同士が遺産の分割割合でもめてしまった場合でも弁護士に依頼すれば、問題を早期解決できます

相続トラブルはどのご家庭でも起こり得ることなので、自分の家庭とは無縁だと思わず、弁護士にまずは依頼し、遺言書作成などの相談に乗ってもらうようにしましょう。

まとめ

相続トラブルの対処法についてまとめてみました。

相続トラブルを回避するにはまず法的に有効な遺言書を作っておくことが重要です。

いったん、相続トラブルが起きてしまっても、なるべく早く弁護士に相談すれば、問題がこじれるのを防止できます。

ぜひ、相続問題の経験豊富な弁護士を見つけていただき、相談していただきたいです。

費用について心配がある場合は弁護士保険という新しい保険が販売されていますので、検討してみてはいかがでしょうか?

種類や内容などそれぞれ違っているので、ご自分にぴったり合ったタイプを選んでくださいね。

PAGE TOP