弁護士保険とは

弁護士保険とは?

新聞に取り上げられた記事で「弁護士保険」を初めて知った人もいるでしょう。

私たちは病気やけがに備えて医療保険を選びます。がんに備えたがん保険、通院補償を備えた医療保険など人それぞれに合った保険を選びます。子供が生まれ高校、大学への進学に備え学資保険を選ぶように、自分のライフプランに合った保険を選び生活しています。

生活するうえでの目的に合わせ、もしもの時に備えた補償を準備するために医療保険を契約しますが、近隣トラブルや金銭トラブルの被害にあったときの備えは十分でしょうか?職場でのセクハラ、パワハラ問題や法外な和解金を請求された場合、ほとんどの人は準備不足のために問題が起きてから慌てます。

しかし問題が起きた後に行動するのでは遅い場合が少なくありません。そして泣き寝入りしてしまうケースがほとんどなのが現状です。

 

そんな不測の事態に備える保険が弁護士保険です。

 

・弁護士保険とは一体何でしょう?

弁護士保険とは病気やけがに医療保険があるように、日常生活での法的トラブルが生じた場合に弁護士費用の一部または全額を保険金でまかなえる保険です。

昨今では厳しい経営環境を反映し、解雇や賃金不払い問題、残業代未払いなどの他に、上司からパワハラやセクハラなど、職場内でのトラブルが少なくありません。

当事者同士の話し合いで解決するに越したことはありませんが、法律のプロである弁護士に相談することが効果的な解決方法の一つであります。

また結婚し子供がいる場合には、学校や習い事、外出中のトラブルなど家族がいつ被害者、加害者になるかわかりません。自分では解決できないトラブルに巻き込まれたときに弁護士に相談でき解決に導く保険があったら利用したいと思いませんか?

 

・弁護士に相談できるメリット

しかし、弁護士に相談するには高額な相談料がかかる。解決するには委託金が発生する。など弁護士に相談することに対して金銭面でマイナスイメージを持つ人もいるでしょう。

今まで弁護士費用が障害となって自分の権利を十分に主張できなかった人たちが保険を使って弁護士を活用し,自分たちの権利を主張し確保することに繋がれば弁護士保険を利用したいですね。

弁護士と聞くと敷居が高いと感じる方が多いかもしれませんが,遺産相続など日常生活における法的トラブルの場合にも,弁護士費用を補償してくれる保険があれば,利用して弁護士を活用し自分や子供を守ることに繋がります。

 

・弁護士保険で万が一に備える

40代は多くの仕事を任され、会社に頼られる立場の時代です。ところが50代になると気づいたときには同僚や上司、部下からの妬みや嫉妬などの仕事上でのトラブルに巻き込まれるリスクが増える。家庭でも子供の成長と共にトラブルの内容も変わってきます。

40代は目の前の仕事が忙しく脂の乗った時期だからこそ、いざという時に慌てないように弁護士保険の契約を検討し、早めに手を打つのがリスク回避の一つと言えます。

 

弁護士保険は・近隣トラブル・ストーカー被害・ネット上のトラブル・賃金未払い・離婚問題・交通事故など、身近に起こる個人では解決できない問題に、法律のプロである弁護士に相談、依頼したときに発生する相談料・着手金・報酬金などの費用を補償する保険です。

PAGE TOP